工務店に相談してアジアンテイストな新しい家にする

彼女は新しい家を建てる時には、是非、和室をアジアンテイストのような感じにしたいと言っていました。

わざわざそういった材料を選び、床から壁にかけてそういったデザインにしていました。

意外と安くできるもので、ちょっと床と壁、照明などをその輸入したアジアンなテイストのものにするだけでそういった部屋になるのですから、本当に驚きました。

ベトナムの輸入家具を買い、籠や椅子、テーブル、インテリアライトやラグ、カーテンなどを取り付けますと、まったくベトナムのちょっとした裕福な家のようになってしまいました。

そんなことが簡単にできるんだなと思い、本当に驚きました。

わざわざ日本風にしなくても、新しい家なのだから、自分好みのデザインの家にアレンジしてもいいわけです。

さらに、断熱性を高める家づくりにこだわりました。家の中の壁を多くすることがポイントです。

どうしても壁が無いと、その分、暖房の効きが悪くなります。

冷たい空気を暖めるのに時間がかかり、なかなか暖めることができなくなるのです。

でも、壁があることで冷たい空気が外から入ってくるのを減らせますから、暖房の効きが高まるわけです。

その壁も断熱材がしっかりと入っていて厚ければ、より断熱効果も高めることができます。

ドアもしっかりと閉めることができ、ドアと枠部分に隙間が無いようにすれば、より断熱性も上がります。

より断熱性を高めるなら、ドアを開けた時に前にある壁との距離を縮めることです。

壁があれば、部屋から出る暖かな空気が窓から逃げるのをその壁で少しでも遮断することができます。

又、ドアを開けた時に大きな窓が目の前にあるような位置にドアをつけないことも大切です。

玄関を開けた時に外の冷たい空気が直接入ってくるような位置にドアを取り付けなければ、より断熱性が低くなることを防げます。

工務店に相談をすれば、そのような建築素材を取り寄せてくれてはやってくれると言うのですから、まったく便利だなと思いました。

これは建売ではなく注文住宅になりますが、土地を選んで、デザインを選んで、機能性も選んでとほんとうに満足の行くものになることまちがいなしです。

今では、そういった海外のデザインをとりいれて、さらに日本の技術の断熱対応も得意とする建築士もいるので、探しては頼んでみて本当に良かったなと思いました。

<特別サポート>
女性向けエステ.com|アダルトアフィリエイト|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|JALカード|英語上達の秘訣|GetMoney|サイドビジネス|ページランク ランキング|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|超SEO対策|内職|内職 アルバイト|お小遣いNET|