工務店が集客できるウェブ制作を目指して

工務店支援事業に関わってから、今まではずっと印刷物の制作をメインに業務をしてきました。

工務店のチラシやカタログを作る仕事です。

しかし、新聞の購読率が下がり、スマホの普及とともにWEBで情報収集する消費者が圧倒的に増えるにつれ、どんなチラシを作っても以前のように集客できなくなってきました。

そこで会社がWEB制作部門を作ることになり、その担当になりました。

正直、WEBなんて全くの素人で、プログラミングどころかサーバーやドメインの知識すら無い状態でした。

デザインは少々経験がありましたが、目に見えない複数のページが存在するWEBの世界では、印刷物のデザインとはまるで勝手が違いました。

最初はビジュアル作業できるソフトを使いながらWEB制作をしました。そのうちに、サイト内での回遊動線という概念を知りました。

つまり、閲覧者をサイトの中でどう回遊させてどこへ導くのか、ということです。

最も一般的なのは「無料カタログプレゼント!欲しい人はこちらから!」というような申込みフォームを作って見込み客の個人情報を得る、という動線をつくることです。

個人情報を得た見込み客には顧客育成をしていき、時間をかけてクロージングをかけていく、という集客動線です。

そこで、印刷物制作の強みを活かして、オファーを作ったり、そのあとの顧客育成のための資料を作ったりできました。

WEB制作と印刷物の制作をワンストップで請け負える強みです。