文章が苦手な工務店社長

工務店さんやビルダーさんのホームページ制作をお手伝いしていると、一番問題になるのはとにかく原稿が出てこないこと。デザインやページ構成はこちらで提案できますが、建てた家の写真や社長のメッセージなど、掲載するコンテンツを提供してくれとお願いしても一向に出てきません。枠組みはできているのにコンテンツ町で1年以上プロジェクトが頓挫、なんてこともざらにあります。出てこない原因として、本業がお忙しいからというのも当然ありますが、それよりも負担なのが、良い写真が撮れない、文章が書けない、ということのようです。工務店さんというのは職人上がりの方も多く、ライティングを得意としない方が多いです。でもプロなので知識は豊富にありますし、家づくりに対する情熱もあります。そんなときはこちらから取材に伺い、ボイスレコーダーで社長との会話を記録します。それを文章に起こしてホームページ用の記事にします。気持ちを相手に伝える、すべての広告媒体で必要なことですが、工務店さんにとってはハードルが高いようです。