静かで交通の便がよい場所を探して

家を建てる際に私たち夫婦が一番重視した点は、静かで交通の便がよい場所ということでした。

以前住んでいたアパートは、交通の便は良かったのですが、目の前が中学校であったために放送や子供たちの声がうるさいのがストレスでした。

学校には木がたくさんあるので、夏はセミが鳴き、航空自衛隊が近いので飛行機の音のせいで、テレビの音はかき消されました。

そんな経験から、家を買う時は静かな場所がいいと強く思っていました。

また、街の中心部から少し離れた場所にしたほうが、土地の価格も下がり、庭も広く取れるということは分かっていましたが、生活のしやすさにこだわりました。

確かに街の中心部は土地の値段が高いですが、アクセスがいいため、それほど車を使わなくても生活できるのです。

郊外に住むと一人一台ということになり、車に関するお金がかかります。

車を一家で一台にする分、土地代にお金を回してもいいかなと考えました。

街の中心部で静かな場所は探すのがなかなか大変でしたが、私たちは足で探しました。

散歩をしていた時に見つけて気に入ったのが、今住んでいる場所なんです。

道路から一本中に入ったところにあるので、静かで車もほとんど通りません。

学校や病院、スーパーも近いので、自転車か徒歩で移動できています。

郊外の家に比べると庭は狭いなどの欠点はありますが、生活がうまく回る場所であることのほうが私達には重要でしたので、満足しています。