新しい家を建てる時に不動産屋さんから仕入れておくべき情報

新しい家を建てる時に、できることならば不動産屋さんから仕入れておいた方がいい情報があります。それはもはや言わずもがななことだとは言えるかも知れませんが、やっぱり「ご近所さん情報」ですね。

新しい家を建てる土地を買うにしろ、既に建てられている一戸建ての住宅そのものを購入するにしても、実は家の間取りよりも重要なものは、ご近所さんであったりするのですよね。もうね、本当におかしなご近所さんに当たってしまったら、たとえ新しい家自体の暮らしが快適であっても、毎日の生活にストレスを感じてしまうようになりますので。

これが賃貸物件でしたら、あまりにも迷惑な隣人さんがいれば引っ越すことで、解決にもなりますけれど、しかし一戸建て住宅の場合は、そうそう容易には引っ越すことはできません。なぜなら、動く金額が大きいですからね。やっとこそ購入した新しい家を気軽に売却なんて、そうそうできるものではありませんから。

ですからこそ、ご近所さん情報が重要なのです。トラブルに発展しそうな言動をやらかすご近所さんがいないかどうかは、不動産屋さんだけではなく、自分でも調べておく方がいいでしょう。